風○りのお気に召すまま

こちらでは好きなもの・気に入ったもの(主に本)を紹介しています。

優しい世界


 

 

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風○りです😊とうとう非常事態宣言が出ましたね…。いつになったら収束するのか😞

 

さて今回は認知症について。皆さんは認知症と聞いてどんなイメージを持っていますか?ニュースやドラマで取り上げられることも多くなり、身近に認知症の人がいなくても何となくはイメージできるのでは?

そして誰もが認知症と聞いて最初に思い浮かぶのが「物忘れ」

そして誰もが、漠然と大変なんだろうなぁ…と思っても、「物忘れ」の奥深さを感じている人は少ないのではないでしょうか。

実際援助する人が、何度も同じことを言う高齢者に対して本気でイライラして怒ったりするのはよくある話で。それが身内となると…。わかっていても怒鳴ってしまう😤その気持ち十分わかります!

昔高齢者施設で働いていた時の話、一晩で何回同じことを聞きに来るか、みんなで数えたことがありました。メモ用紙を準備して正の字を記入。暇だったんですね(笑)昔は今ほどあくせくしていなっかたので。
結果は細かい数字は忘れましたが80回以上!(だったはず💦)認知症恐るべし!😳物忘れの程度にもよりますが止めなければこんな感じです。

では、なぜ「物忘れ」が進行した人はこんなにも同じことを繰り返せるのか?誰もが抱く疑問。
でも私はこの疑問自体が間違っていると思っています。この疑問、「物忘れ」がない人の側からの考え方です。
「物忘れ」がある人の側に立って考えてみると、毎回が1回目になります。だって忘れてしまうのだから当然です。今聞いたことも数分経てば無かったことになる。(※認知症の程度によって状態は変わってきます)記憶には残っていない。それってすごい世界ですよね。こちらは何回もだけど、相手は初めて。

相手からしたら初めて言ったのに何でこの人怒ってるの?と不思議に思ったり、訝しんだり、悲しくなったりもするのかな…。そう思うと気の毒😢

コロナ禍で今の時期マスク着用は必須。でも認知症がある人にマスクを着け続けてもらうことがどれだけ難しいことか…。言った側から外しているのだから…😓

 

そんな「物忘れ」ですが、脳の特定の部分の機能障害が原因で起こる現象です。

「物忘れ」についてだけ書いてみましたが、脳の障害される場所によっては幻覚や幻聴・誤認など起こってくる症状は多彩です。日常生活に支障のないものもあれば、普通に生活するのも困難なものまで。

でも稀に障害が「特殊な能力」につながることもあるようです。そしてそれは老化によるものだけでなく突発的な事故で起こったり、生まれつきのことも。

脳の機能が少し違うことで他の人とは違う世界が広がることに。この本にはそんな脳の不思議が書かれていました。

 

この本を読んで思ったこと、

自分とは違う認識を持った人がいても否定しない。自分には自分の現実があるように、相手には相手の現実がある。誰もが相手の側に立って眺めて見る気遣いが持てるようになれば、少し世界が優しくなる️んじゃないかな☺️

でもどうしても世の中には分かり合えない人がいるのも事実。あまりにも自分とかけ離れている人に対しては自分が壊れる前に逃げるのが良いと思います。逃げるが勝ちです(笑)

早いコロナの収束を願って。

 

  みんなに 良い風が 吹くといいな🌈

 


人気ブログランキング

 

ポチっと頂けたら嬉しいです♪😊

 

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

 

 

 

チャレンジ変化


 

 

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです😊

最近皆さんは何か新しことにチャレンジしましたか?私は何か新しいことを始めてみたいと思い、在宅ワークできることを探し中です。家でできる仕事って、調べてみると色々あるんですねぇ。見ているだけでも面白い😄まあ中には怪しいものもありましたが…それはそれです(笑)

コロナの収束見込みが暗い今だからこそ、増えたお家時間を有効に!始めから「できない」と諦めるのではなく「うまくできなくても経験が増える♪」くらいの気持ちでできることを探してみるのがオススめです。あまりハードルが高いと嫌になるので。

 

でもせっかくだから高いハードルに挑戦したいと言う方には、まず今回紹介した本「シスSISU」を読んでから挑まれてみるのはいかがでしょうか?

「シスSISU」−フィンランド語で日本語にはこれに当たる単語はないそうです。あえて和訳すると「忍耐」「折れない心」「チャレンジ精神」

      「諦めない心・強さ」「フィンランド魂」(本から一部抜粋)

 

この本には「まずダメだ」と考えるのではなく「大丈夫!自分ならできる」と思うところから始めるとありました。

子供の頃って何にでも興味があり、やってみたくて、できないかも、なんて考えませんでしたよね。だから怖いもの知らずで危険だったとも言えるのですが😓何かを始める時、大人になるとつい始める前に自分には無理と思ってしまう。いつの間にか失くしたチャレンジ精神…。

 

さて一つ自慢話を😄

私、富士山に登ったことがあります!→きっとそれくらいのことなら私もあるよ!と言う人が結構いるかと思います。

ただ、登った回数–4回登りました!うち3回は登頂😙4回も登る人ってそんなにいないと思います。念の為、登山家ではありません(笑)山登りがすごい趣味ってわけでもありません。では何故登ったのか?

 

1回目)一生に一度くらいは登ってみたいと思ったから。ツアーで参加。参加年齢は7歳〜78歳。78歳のおばあちゃんは息子夫婦(娘夫婦だったか

   な)に付き添われ参加。「死ぬまでに登ってみたい」と言ったから一緒に参加したと。親子愛✨めでたく登頂されていました。

2回目)実は1回目は登頂できず1ヶ月後にリベンジ。1回目はきっと夜勤明けで参加したから高山病になったんだと自分に言い聞かせ(笑)

   初登頂できましたが、やっぱり高山病に😅

3回目)幼馴染の子に「私も登りたい!着いてきて」そう言われ登ることに。そしてまた高山病に…。体質のようです。

4回目)もう登ることはないと思っていた富士山。国試前のある日、「合格祈願に富士山登ろう!」と。「他の子誘えば?なんで私?」すると、

   「富士山登ろう、言うて行こか!って言ってくれる子、他におらんやん(満面の笑顔)」断る理由がない…。そして富士山へ。そして

   お約束の高山病に。

今ではこの話をするとバカなの?高山病になるってわかっていて普通は4回も登らないよね。と言われます(笑)まあ若かったから☺️今となっては良い思い出。歩くのは苦にならないんだけど…空気がない所はダメ😓

実は屋久島にもトレッキングに行ったことがあります。こちらは空気もあり楽しく歩けました♩ハイキング道が整備されていて初心者にもオススです。

 

苦しかった富士登山。でも高山病になっても登ってよかったことが一つあります。

高山病、頭は痛いし、何より吸っても空気が入ってこない。喘息発作ってこんな感じなのかな…と言う思いが頭をよぎる。でもこんなに苦しい状況を体験すると、大概のことが大したことがないように思えてくるから不思議です。なんでもできる!(できそうな気になる)自信を付けて下山しました😄これはこれで貴重な体験✨きっと急死に一生を得るってこんな感じなのでしょう。

 

終わりが見えないコロナ渦。

今どんなに大変な状況でも同じ時間が続くことはありません。必ず時間は流れ変化していきます。また自由に外出ができるようになった時、それがどれだけ有難いことか実感できるはず。また同じ状況がやってきたとしても、一度体験済みだから初めての時よりは前向きに受け入れることができるはず。無駄なことなんて一つもない。だから大丈夫!早いコロナの収束を願って。

 

みんなに 良い風が 吹くと良いな🌈

 


人気ブログランキング

 

ポチっと頂けたら嬉しいです😊

 

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

 

言葉の色

 


ふわりと軽く 飄々と こんにちは風○りです😊
今日は文章を考えている時に思うことについて。皆さんにとって「良い文章」とはどんな文章でしょうか?

私にとって「良い文章」とは、昔読んだ作家さんが言っていた言葉、

「できるだけ短い文章で伝えたいことがしっかりと伝わる文章が良い」が基準になっています。そしてさらに「短ければ短いほど良い」と言う追記もあったような…。

 

今は聞いたり、読んだりして心に残った言葉はメモするようにしていますが、昔はそう言う習慣がなかったので。作家さんの名前までは覚えていません😓そして実際この通りに書こうと思うとなかなか難しい。

 

短い文章で伝えたいことをそのまま正確に伝えるにはどんな言葉・表現を使えばちゃんと伝わるのか…。いつも推敲の繰り返しで文章を書いています。そして良い言葉や文章が出来上がると嬉しくなる♪自己満足ですね(笑)

 

短くても心に響く言葉…。そんな言葉が紡げるようになったら素敵です☺️

 

考えてみると、世界で一番短い詩「俳句」もまた、たった17文字で世界を表現しています。

短くてもそこに読まれている世界観は大きい。

自然の移り変わりに人の思いを重ねて読んだり…。17文字しかないので言葉足らずを感じることもありますが、言葉足らずの部分は想像して心で情景を見たり気持ちを推し測ったり。文字数が少ない分、逆に受け取り手は想像力を使って深く感じ取ることができる。そんな気がします。

 

本当に伝えたい時、言葉は多過ぎてはダメ。

誤解を生む原因になったり、言い訳に聞こえてしまうから。言葉は少ない方が良いけれど、伝えることの難易度が上がる。

 

言葉って奥が深いです。

 

人間は言葉が発達しているからこそ相互理解に努めることができる。でも言葉は理解することの妨げになったりもする。

 

できれば優しい言葉を紡ぐ人で在りたいな😊

 

今回紹介している本ですが、本文はたった17行だけの詩です。発売当初は売り切れになるくらい人気があり、私も探してやっと手に入れました。読んでみて、その時はただ許された気持ちになったのを覚えています。

 

「人は自分にしかできないことをちゃんとしているんだよ、だから在るがままで良い」そう言われたような気がしました😊都合の良い(笑)

でもそう言う救いって必要ですよね。

 

この本は子供向けと言うよりは、迷っている時に読む大人向けの本と言う感じです。挿画も版画の絵が素敵で、南米アンデス地方の雰囲気をよく表しています。

迷っている人、何かを始めようとしている人にはぜひ読んで欲しい一冊です。答えを見つけるヒントになるかも☺️

 

先の見えない不安な今だからこそ、改めて自分にできることを見直してみるには良い時かも😊そして見直した向こう側には明るい未来が見えていることを願って🍀
  

みんなに 良い風が 吹くと良いな🌈

 

*興味のある方は検索すれば物語を読むことができます。


人気ブログランキング

ポチっと頂けると嬉しいです😊

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

 

 

 

同じで違う-東・西


 

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです😊

 

世の中なかなか落ち着く様子を見せず…。

皆さんは最近何か良いことありましたか?良いと思えることがなくても、最近笑いましたか?

 

こう暗いニュースが多いと知らずに影響を受けて、笑えることも笑えなくなってしまいます。

でもこんな時こそ気分を上向かせることを探すのが大事です😊

 

さて今回紹介した本ですが、とにかく面白い♪この本は内容が笑える「面白い」だけでなく、興味深くて「面白い」も兼ねそろえた一冊です。

前回は「童話の中の薬草」のお話で少し真面目な感じでしたが、今回は「漢方」のお話です。(決して「漢方」が不真面目と言っている訳ではありません!)

漢方薬」…さすがは中国が本場なだけあって奥が深い!何でも薬になるのでは?と言うチャレンジ精神。凄いです!昔「漢方薬」の材料の解説本に虫と言う項目があって、その中にゴキブリが載っていた😱のを見つけてショックだったのを思い出しました。今も使われているかはわかりませんが…。

 

紹介した本には「漢方薬」の材料や由来が書かれていて、ゴキブリよりも、もっとショッキングな事も書かれていました。それでも何でも試してみるチャレンジ精神は尊敬に値します。

 

ところで皆さんは「漢方薬」を飲んだことがありますか?「漢方薬」に対してどんなイメージを持っていますか?

 

まずい!・飲みづらい・お年寄りが飲むもの・効くのかよくわからない、などなど…。

 

確かに「漢方薬」はすぐには効きづらいかもです。それもそのはず、西洋医学東洋医学では基本的な考え方が違います。

 

西洋医学は基本症状に対してアプローチをします。

東洋医学は身体のバランスが崩れて症状が出ているからバランスを元に戻すアプローチをします。

 

?何が違うの?と思った人もいますよね😄

 

ここからは鍼灸師風◯りの解説♪笑(ほんとに免許持ってます。持ってるだけですが😅)

 

例えば「風邪」

西洋医学では症状に対して熱があったり咽頭痛があれば解熱鎮痛剤・咳があれば咳止めが処方されます。症状に対して薬が処方され辛さを軽減して休息を取って回復を促す。これが一般的ではないでしょうか。あと抗生剤も処方されますね。

 

東洋医学では脈や舌・腹部などを診てどこのバランスが崩れているのか?を探します。

同じ風邪症状の人がいても、この人は「脾経」に原因がある・この人は「大腸経」に問題が…。そんな感じで診断していき、それに加えてその人が持って生まれた体質も観て「在るべきバランス」に戻す治療をします。(鍼灸師の先生によって診察スタイルは異なります)

原因も個々の体質も違う為、同じ風邪でも使うツボは違うし、服用すべき漢方薬も違ってきます。(※日本では鍼灸師漢方薬は扱えません。日本で薬を扱えるのは医師だけです。鍼灸師は鍼や灸で治療します)

 

西洋・東洋どちらが優れているか?と考えるのではなく両方の良い所をうまく合わせて使うことが大事だと思います。

 

そして「漢方薬」が効きづらく感じる理由。

身体のバランスが崩れる原因は大概生活習慣に基づいていることが多く、一日二日でバランスが崩れたものではありません。それを「在るべきバランス」に戻して行くのです。すぐに戻る訳がありません。「漢方薬」は少し長い期間服用する事で少しずつ「在るべきバランス」に戻して行きます。

学生だった頃、中国人の先生が「日本人は風邪と言えば葛根湯を飲もうとするけど、あれは間違ってる。その人に合えば効くけど合わなければ何の効果もない」と話されていました。

やっぱり奥が深いです。

 

ちょっと真面目な話になりましたが、本の中では主に古典治療について書かれています。今じゃあり得ない「薬」や治療法のことが主で、今でも活かされているものについても書かれています。

何より読んでみると、こんなものまで「薬」にしようとしたのか、と笑えます😊もうユーモアの域です(笑)

 

暗いニュースが多い時期だからこそ、笑えて雑学にもなり、不屈のチャレンジ精神も学べる。

なかなかオススメの一冊です。一人でも多くの人が笑顔で過ごせるといいなぁ☺️

早いコロナの収束を願って🍀

 

みんなに 良い風が 吹きますように🌈

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

ポチっと頂けたら嬉しいです😊

 

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

 

 

 

 

感謝への変換


 

 

 

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです😊

皆さまゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?こんなに世の中コロナの広がりが言われているのに、今年の空港の利用率は去年の今時期の6倍だったそうです…。何とも…😓

 

病気になってわかる健康の有り難さ。

よく「下の世話にはなりたくない」と聞きますが、本当に動けなくなったらそんなことは言っていられません。入院する事態にでもなったらそう言うお世話を受けることも。だからこそ日頃の健康管理が大事。皆さんは日頃から健康維持の為に何かされていますか?私はできるだけ毎日ストレッチをするように心がけています。あくまで心がけ😄(たまに休みます💦)でもそう言う小さいことでもやらないよりはマシな気がして継続中です。

お家時間が増えた今だからこそ、これを機に一日10分からでも何か始めてみては?

 

そして何かを始める時は、

まずは三日、次は一週間、次は一ヶ月、そしてその次が三ヶ月だったかな?

そこまで続けられれば習慣になり継続できるんだそうです。

 

さて学生だった頃の話、印象的なグループワークの授業がありました。

先生から「これからある人の説明をします。それを聞いてどう思うか?」みんなで話し合ってと言うものでした。下記説明内容😯

 

「その人はいつも寝たままで自分では起きあがることができません。手は動きますが自分で食べることはできず、誰かに食べさせてもらうしか食べる方法はありません。足も動きますが自分で歩くことはできません。移動する時は誰かの手伝いが必要です。もちろんトイレも誰かに世話をしてもらわないと清潔は保てません。それでもその人はいつもニコニコ幸せそうです」こんな感じの内容だったと思います。

 

そしてある程度意見が出た後で先生が「その人を描いた絵があります、見てみたいですか?」と。誰も返答できずに静かに…。

そしてしばらく生徒の反応を楽しんだ後(絶対楽しんでいました)、絵を見せてくれました。

     みんな絶句!!!😳(笑)何故だかわかりますか?

 

 

 

 

 

見せてくれた絵ですが可愛い赤ちゃんが描かれていました😅生徒に笑いと困惑が…。

きっと先生は、生徒が病気や老化で寝たきりになった方を連想すると予想してこんなグループワークをさせたのだと思います。もちろん、グループワークの中では「可哀想」などの意見も上がっていましたが、絵を見てからは誰も言わなくなりました。人間の想像力ってすごいです…。

確かに先生の説明は赤ちゃんにも当てはまります。そして赤ちゃんなら可哀想ではない。人間って不思議です。

 

誰だって年は取っていくもの。未来のことは誰にもわからない。だから全てを人の手に頼って生きることになる可能性も…。それがもし現実になった時、それをどう考え・何を思うのか?

 

この本を読んで、悲観しそうな状況でもこんな風に感謝に変換する考え方もあるんだと感動したのを覚えています☺️今を受け入れて前向きに生きることを教えられた一冊でした。

読むのが苦手と言う方は映画化もされていたはず。ハンカチを用意して観ることをオススメします。実話ならではの感動があります。

 

少しでも今を生きるヒントになれば嬉しいです。早いコロナの収束を願って🍀

 

みんなに 良い風が 吹くといいな🌈

 


人気ブログランキング

       ポチっと頂けたら嬉しいです😊

 

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

 

物語の万華鏡



ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです☺️
ゴールデンウィークに入っても世の中落ち着かず…。みなさまいかがお過ごしでしょうか?
こう家時間が長くなってくると、ついダラダラとゲームをしたり、ネット記事を読んだりと無駄に時間を消費してしまうのは私だけでしょうか?(笑)決して暇な訳ではありません!したいことはあるのについダラダラ…。そういう時は、そんな日もあるか♪と思うことにしています。今は何事もなく家で過ごせるこの時間が幸せなのだと☺️

さて皆さんは童話と聞いて何を思い浮かべますか?
グリム童話?きっと「桃太郎」や「かぐや姫」「浦島太郎」などは子供の頃読んでもらったり、読んだりした記憶があるはず。私が子供の頃は「まんが日本昔ばなし」と言う番組があって、妹と一緒に見ていたのを覚えています。確か、毎週放映されていて30分の中で2話あったはず。今思うと凄い数ですよね!ざっと計算しても月8話、年間で96話(休みもあるかな)それを何年もです。

どうしても童話と言うと「グリム童話」が有名ですが、日本の昔ばなしも捨てたもんじゃありません。「かぐや姫」なんかは世界最古の「S F短編小説」😯凄くないですか?そんな昔に宇宙を題材にした物語があるなんて✨

そんな童話たちですが、ただ子供を楽しませる為だけのものではなく、教訓や道徳を教える為のものでもあります。話の場面設定だったり、出てくる登場人物・時間…。日本の昔ばなしには鬼がよく出てきますが、書かれた時代の歴史背景などをみると鬼は敵のことだったり、場所は危険だから近づいてはいけない場所だったり。書かれている植物や動物にしてもそれじゃなきゃいけない思いや意味が込められていたりと興味深いです。
子供がいるお家なら子供と一緒に読んで、「なんで桃だと思う?」「なんで魚じゃなくて亀が出てきたと思う?」と聞いてみるのも面白いかも♪きっと子供の視点からの解釈が聞けるはず。大人では思いもつかないような答えが返ってくるかもしれません☺️

「不思議な薬草箱」
こちらはグリム童話が中心の解説本です。(日本昔ばなしではありません💦)表紙の絵と題名に惹かれて借りました。ページ数も多くなくすぐに読める感じの本です。題名に「草」の字が入っているくらいなので、話の中に出てくる植物に焦点を当てて書かれています。どの話もなかなか興味深くて面白かったです。魔女の話などは今まで持っていた魔女のイメージーが変わりました。以前にもグリム童話の解説本は読んだことがありますが、私の中では一押しです。植物やグリム童話に興味のある人にはオススメの一冊☺️

なかなか明るい話題が少ない今だからこそ、あえて子供向けの話を別の視点で楽しんでみるのもいいかも♪100人いればきっと100通りの新しい解釈が出てくるはず。視点を変えることができれば当たり前のことも新鮮に映る。子供がいる方はぜひ子供と楽しんでみてくださいね。子供は当たり前を非当たり前に変える天才なので✨
少しでもお家時間を楽しく過ごすヒントになれば嬉しいです😊コロナの早い収束を願って🍀


みんなに 良い風が 吹くといいな🌈


人気ブログランキング

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

ポチっと頂けたら嬉しいです☺️

忘却の魔法

 

 

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです☺️

 

家で過ごす時間が長くなると、気付くと物思いにふけっていたりしませんか?昔の事を取り留めもなく思い返してしまったり…。
思い出の中には鮮明に覚えているものもあれば、あやふやなものも。でも鮮明に覚えていると思っていた記憶も、確認すると実際は少し違っていたりすることはよくある話で。

 

同じ記憶を共有するはずの人達が集まった時の話。

どうしても古い仲間が集まれば、思い出話が始まります😄そして詳細になればなるほど、何故か少しずつみんなが覚えている内容に差異が出てくる。そうして誰もが心の中で自分が正しいのにと思う。心の中で思えない時は喧嘩になることも…。

 

本当は誰が正しいのか?

 

人間は物事を見たいように見て、聞きたいように聞く生き物。だからそう記憶しているのなら、その人にとってはそれが本当で真実。
記憶は往々にして曖昧で美化されやすい。時間が経てば経つほど忘れていく。それでも残るものもある。でもその時のことをそのまま記憶するのではなく少し手が加えられる。それをカッコ良く言えば美化されると言う(笑)結局は都合の悪いところは記憶から大概カットされている😅

 

でも忘れていくのって大事だと思いませんか?

生きていれば良いことばかりじゃないので嫌なこと・辛いことは忘れていく。そして忘れたくない思い出は美化して覚えておく☺️それって心を軽くするための防衛機能のような気がします。もちろん危険な場面のことは覚えておかないと💦ですが。また同じ場面に遭遇した時に回避できるように。

 

さて質問、昔の事を思い出した時、何をどんな風に思い出しますか?
その時の会話・そこにいた人・物、他に匂いだったり、温度や質感を思い出したりしませんか?

例えば夏の思い出なら汗をかいていた感じや空気の熱気を思い出したり。私は寒い地方に移住して10年が経ちますが、未だに夏になるとクーラーが効いた電車から降りた時の生暖かい空気の感じや、うるさいくらいの蝉の声を思い出します。セットで朝のラジオ体操も(笑)

 

脳で記憶しているのは見たり、聞いたりしたことだけではなく、その時の五感全てで感じたことを記憶しているんだそうです。でも思い出す時はその中から特に思い出したいものだけを思い出す。
過ぎ去った記憶はどんなに鮮明に覚えておきたくても、良い悪いは置いておいて必ず脳の修正が加わる。だからこそ、瞬間が大事になってくる。

 

だって今は今しかないのだから☺️

 

この瞬間も明日には修正が加わった記憶に変わる。そう言う気持ちで日々を過ごせたら、きっとどんな瞬間も特別に思えてくる。今は辛くてもきっと何年後かには嫌な部分は修正されて頑張った記憶に変わる。(はず)

 

みんなに 良い風が 吹くといいな🌈

 

 


人気ブログランキング

   

 ポチっと頂けたら嬉しいです😊

 

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村