風○りのお気に召すまま

こちらでは好きなもの・気に入ったもの(主に本)を紹介しています。

想像する恐怖

 

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです☺️皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今日は日本を代表する作家さんの一人と思われる有名な作家さんの紹介を😄(※個人の見解です)

きっとファンの人も多いかな。

浅田次郎氏✨

私は『鉄道屋』と『あやしうらめしあなかなし 』しか読んでいないので、和ホラー(怪談)を書く作家さんかと思っていました😅実はエンタメから感動作まで幅広く執筆される作家さんだったようで💦

全く違うジャンルの話を書けると言うのは、それだけ見識もありマルチの才能に溢れていると言うことで😳凄いです❗️

さて私が読んだ『あやかし〜』ですが、

若い頃時々行っていたお店のマスターがオススメだと言って貸してくれて読んだ本📖

なぜホラーをススメられたのかはわかりませんが😅電車の中で読むにはまだよかったのですが、家で一人で読むにはちょっと😨怖過ぎる〜😱

実は怖い話は苦手です💦ホラー映画もダメ😱昔ホラー映画と知らずに誘われて行ったらもの凄いホラー(笑)で、結局スクリーンはほとんど観ることができずずっと下を見ていました😅

ホラーってやっぱり映像で観ると怖さが増す気がする💦

でも和ホラー・怪談なら、聞くだけでも怖い😨(※個人の意見です)もちろん映像にしても怖いですが😅

皆さんはなぜ?和ホラー・怪談が聞くだけでも怖いと思いますか?

私はやっぱり日本の怪談やホラーって生活に密着したものが多いからだと思います。生活の中に突然現れる幽霊や怪奇現象😱物語の中だけの出来事とは思えず、自分にも起こりそう😱

f:id:ifuwari:20220323221020j:image

海外のものってどちらかと言うと宗教がベースにあってのホラーで…(のような気がします)『悪魔』や『天国に行けない』怖さってあまりピンとこない💦同じ宗教観があればもっと怖いのかな。

あと和ホラーや怪談には『落語』にも見られるように、観せて怖がらせる+聞かせて勝手に想像させて恐怖を感じさせる要素もあるのかな😄

人間本当は自分で勝手に想像したものが一番怖い😱だって今まで生きてきた中で一番怖いものを想像するから。

落語怪談演目『真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)』『牡丹灯籠』などは有名✨演じ手によって同じ話でも全然雰囲気が違うから凄いです😳流石伝統芸能

『落語』興味を持った人は検索すれば観ることができるので是非観てみてくださいね❗️

『あやし うらめし あなかなし』

浅田次郎氏の和ホラーは日本の伝統文化『落語』の怪談に通じるものを感じさせる作品でした。

少し切なくなる作品なども収録されているので、いつもと違うものを読みたい❗️と思った時にはオススメです♪

人間平穏を望みながら、平穏が続くとつまらなくなるもの😞だから時には刺激が必要で。

ただ大きな刺激じゃなくても、ちょっといつもと違う選択をしてみる…😊そんな小さなことでも充分で♪なんとなく楽しくなれば成功🍀そんなことをしながら毎日を過ごしていたら、つまらなくなる暇もなくなるはず😊

みんなに 良い風が 吹くといいな🌈


人気ブログランキング

ぽちっと頂けたら嬉しいです😊

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

人生の指針

  

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです☺️皆さまいかがお過ごしでしょうか?

最近はコロナが落ち着いてきたかと思ったら戦争や地震…😞暗い話題ばかりで…。

戦地に居られる方、被災された方たちのことを思うと…😢誰もがきっと平和で穏やかな、普通の日常を望んでいるはずなのに問題が絶えないのは何故なのか?

生きていると必ず理不尽なことに直面します。どんなに考えても答えが出ないこと…😞誰もが一度は経験したことがあるはず。

今回はそんな『生きる』に迷った時に答えをくれそうな本の紹介です📖

神との対話

知っている人は知っている(当たり前ですが💦)スピ系や神智学(?)の世界では有名な本。自己啓発系になるのかな。

物語は一問一答、作者が神様(と思われる存在)に質問していく形で進んでいきます。

質問の内容は多彩で『愛・人間関係・使命・生きる目的…など😊続編も発刊されるくらいの大ベストセラー作品です✨人間の存在意義や目的以外にも宇宙の話なども出てきます😳

全体的に若干キリスト教的な思想を感じはしますが…。作者がキリスト教徒が一番多いアメリカ出身なので、影響を感じるのは仕方ないのかな😊

そして、この本の面白いところは全く関係ない分野の本とも内容が類似していたりするところです♪

『(神は)知る為に対照となるものを作った』

東洋医学『陰陽論』では、混沌(太極)から陽が生まれ続いて陰が生まれた。陽と陰はお互い対極にある存在であるからこそ、それぞれ比較することで自分の存在を認識できる。

何事も比べなければ実感として認識することはできない。

喜びを知るには哀しみや怒りを。

明るさを知るには闇を。

認識する為には必ず比較する対象が必要になる。

今が辛いならきっと問題が解決した時、喜びや幸せを感じられるはず😊

あまり辛い思いはしたくないけど、そう考えれば(少しなら)辛い体験も頑張れる気がします😅

他にも『人間関係の在り方』や『愛』についての章もありますが、どこかで聞いたことがあるような内容で…🤔結局自己啓発やスピ系の話ってどれも似た内容になっているような😅

きっとみんな目指す所は同じでただアプローチを変えているだけなのかな😊

でもそれを言ってしまえば読む楽しみも終わってしまうので、それぞれのアプローチを楽しみながら心に響くものを探してみる。

そんなことをしている間にそのうち自分に合ったものに出会うはず♪

f:id:ifuwari:20220320180144j:image

何が起こるかわからない…不安要素が多い混沌とした今だからこそ、どっぷりとスピ系の本を読んでみるのはいかがでしょうか?

今までこのジャンルの本とは無縁だった人も、読んでみると意外にハマるかも😄新たな人生の指針を見つけるチャンスになるかもしれません。

もちろん『生きる』に何故?を感じている人には答えをくれる内容になっています🍀

みんなに 良い風が 吹くといいな🌈


人気ブログランキング

ぽちっと頂けたら嬉しいです😊

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

 

それぞれの時間

f:id:ifuwari:20220315215317j:image

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです☺️皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて今日は、ブログを始めて記念すべき100回目の記事となります🎊

我ながら良く続いたなぁ〜と😅

これからも精進していきたいと思っていますのでよろしくお願いします❗️

そんな今日のテーマは『時間の比率』

皆さんは何かペットを飼っていますか?

私は子供の頃から何かしら人間以外の動物がいる環境で育ちました😊

猫に鳥にハムスター・金魚に亀なんかも飼っていました。

子供の頃、お祭りで金魚すくいをすると当然のようにすくった金魚を持って帰っていたので、金魚は常にいたような気がします😅

そして金魚の水槽には近くの池で捕まえたおたまじゃくしやあめんぼなんかも入れたりして😅(子供だったので💦)

後におたまじゃくしに足が生えて恐ろしいことになったのを覚えています(笑)家の中をカエルが飛び回っていた🐸😅

大人になった今でも毛のある動物は好きです😊爬虫類は苦手💦

最近はコロナが流行しお家時間が長くなったからか…ペットを飼う人が増えたようで。

一匹でも多くの子たちが温かい家庭に迎えられるのは喜ばしいこと♪できればペットショップじゃなくて保護犬・保護猫ならもっと嬉しいなぁ😊

でも😔実際に飼ってみたはいいが…思っていたのと違う…とせっかく飼ったのに手放す人も多いようで😢

一人は寂しいからペットを。家にいる時間が増えたから世話ができる(はず)だから飼ってみる。様々な理由で飼い始めたはずなのに…縁あって出会った子たちが…悲しい😢

実際家にも三匹の保護猫がいます🐈‍⬛

実際世話ってけっこう大変です💦

f:id:ifuwari:20220302185419j:image

一匹は推定3歳くらいで家猫に。良い意味でも悪い意味でも手がかからない😅3年経っても家ノラ💦人間とは適度な距離を取りながら、おやつと空腹の時だけ側に来て催促します(笑)それ以外は自由気ままに過ごしています。時々猫じゃらしで遊ぶ💕

あとの二匹は推定2ヶ月で家猫に。まだ目も青く(子猫の間はみんな青い目)とにかく可愛かったぁ💕もちろん大人になった今でも可愛いですが☺️手がかかる💦甘やかし過ぎた😅

鳴いたらすぐに構い。ご飯や遊びに付き合い…。忙しい時でも自分のことは後回しにして、猫ファーストに🐈なんだかまるで子育てのよう(笑)

その結果、少し癇癪持ちのワガママ猫に育ちました(笑)でも可愛い💕

子供の頃飼っていた猫たちはそんなに手がかかったイメージはなかったのに💦

今思えば私も小学生だったので子供過ぎてわからなかったのかな?6匹いたから大変だったはず…🤔

さてそんな動物たちですが、当たり前ですがそれぞれ寿命があります。(平均寿命)

犬→ 10〜13年  猫→12〜18年(家猫)

鳥(文鳥セキセイインコなど)→7年

ハムスター→2〜3年  うさぎ→9年

※だいたいの目安で個体差があります。

人間は女性87年・男性81年も生きます。人間以外の動物たちと比べると随分長生きですね。

では人間と動物の寿命を比較してみると、それぞれ生きている時間の比重が変わってきます⌛️(※人間を80年として)

犬の5分は(寿命10年として) 人間の40分に。

猫の5分は(寿命15年として) 人間の25分に。

ハムスターは2年しか生きないとすると、ハムスターの5分は人間の200分(3時間弱)になります😳

人間から見るとたったの5分でも、動物たちにとってはけっこう長い時間になります⌛️

人間の寿命と比べたら、短い一生を生きる動物たち。

だからこそ一緒にいられる時間はとても貴重で✨できるだけ要望には応えてあげたくなる☺️

もちろん毛のないペット(爬虫類・昆虫・魚など)でも同じ😊

一緒に生きていくと言うのは、別れに向かって進んで行くと言うこと。

その事を忘れずに過ごせたら、きっと今がかけがえのないものに思えて、もっと大切にしたくなるはず✨

普通に生きていられる日常に感謝して🍀

みんなに 良い風が 吹くといいな🌈


人気ブログランキング

ぽちっと頂けたら嬉しいです😊

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

 

 

家の子たちのお気に入り💕この猫缶なら三匹とも食べます。夏場の水分補給にもオススメ😊

本と映像の溝

  

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです☺️皆さまいかがお過ごしでしょうか?

皆さんは普段映画やドラマを観ますか?😊そして、観る前に原作を読んだことはありますか?

今回も前回に引き続き『本と映画』をテーマに書いています。

原作を読んで映像を観ると、大概残念に思うのは私だけでしょうか?

きっと本を読んだ時点で頭の中で映像化されたイメージが作りあげられているから…。だから想像していたものと違うとちょっと残念な気持ちになるのかな😞

でも想像される映像は『百人いれば百通り』それを映像化する監督ってやっぱり凄い❗️心からそう思います😊

たまに映像化しない方が良かったんじゃないの?と言う作品にも出会いますが…。まぁ評価・感想は人それぞれなので😁

他にも映像化されて残念なことは、原作の話が一部カットされたり、逆に原作にはない話が入っていたり、結末が本と違ったり…😳

ひどい場合には原作とは別物になっていたり⁉️

昔映画化されている作品を観てびっくりしたことがあります😳原作どこに行った〜❓※個人の感想なので題名は伏せて置きます(笑)

f:id:ifuwari:20220314133855j:image

さて今日紹介する作品はもちろん原作も良く、映画の方もそれなりに面白かった作品📖

『マスカレードホテル』東野圭吾

やっぱり東野圭吾氏の作品に間違いはありません😁どれも面白い❗️ハズレに当たったことがない。

この作品も途中で犯人が登場しているのになかなか真相が明かされず、最後まで読んでもう一度犯人の登場シーンを読み直しました😁

ミステリー要素以外にも、ホテルを舞台にした話なので『接客の心得』など、細かい所までよく考えられた作品😳

『接客教育』懐かしいなぁ〜☺️お辞儀の角度に手の位置…手を組む時は利き手を隠すように組む。『お客さまを攻撃しません』と言う意味らしい。※25年以上前の話です😁

あと絶対にクレームを言われても『争わない・否定も肯定もしない』これは今の仕事でも活かされています。何でも経験しておくものです😊

本の紹介…💦東野圭吾氏の作品はどれも面白くシリーズものも多いですが、今回紹介した作品は他の作品とはまた違った味のある作品です。

『接客業界』の設定が新鮮♪東野氏は接客業も経験されたのかな?(笑)と思わせるくらいにリアルに描かれています。

そして映画もなかなかよかった😁

かなり原作に忠実な感じです✨何よりホテルを映像で観れる❗️ホテルに泊まりたい♪旅行に行きたくなります(笑)

f:id:ifuwari:20220314134315j:image

犯人役の俳優さんも凄い❗️演技が上手だからこそ原作のイメージを壊していない。

久しぶりに原作・映画ともオススメと思える作品に出会えました😊

たまには極上のミステリーを読んで気分転換を図ってみてはいかがでしょうか🍀

みんなに 良い風が 吹くといいな🌈


人気ブログランキング

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

作品の色

 

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです☺️皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今日は女流ミステリー作家さんの紹介を😊

若い頃はミステリーが好きで、色んな作家さん(国内外問わず)の作品を読み漁りました📖

その中でも『凄い!』と思った女流作家さん♪

宮部みゆき』氏✨

初めて読んだ作品は『理由』か『模倣犯』…😓だったはず…読んだのが昔過ぎて💦

さて初めて読んだ感想は、

淡々とした文章…なのに流れるように物語が進んでいく。エレガント✨

内容的には事件もの・ミステリーなのに、生活風景や登場人物の日常や心情が淡々と描かれていて、スリラー的な重さがない😳なのにしっかりとミステリー✨

ドキドキ感やハラハラ感はなく、ただ静かに紡ぎ出されていく独特な世界😳新鮮でした♪

その頃よく『宮部ワールド』と言う言葉を聞きましたが読んで納得☺️

同じ女流作家さんで『山村美沙』氏の作品も読んだことがありますが、やっぱり『宮部ワールド』は独特です(※個人の感想です)

宮部みゆき』氏の作品、映画化やドラマ化されているものも多いようで、本が苦手と言う人はそちらの作品をどうぞ😊

でもやっぱり映像になると『宮部ワールド』の独特な空気感が伝わらない💦何故だろう…?

『ソロモンの偽証』、映画を観ましたが他のミステリー作品と変わらない印象を受けました😓(※あくまで個人の感想です)

きっと文章にはそれを書いた作家さんの色だけが入るけど、映像には制作に関わった全ての人(監督や役者さん・他にも色んなスタッフの人)の色が入る…🤔どんなに頑張っても文章の色を表現するのは難しいんじゃないかなぁ…。

そう言う意味で、

原作が誰かを知らず映像作品だけを観て作者を当てるのは難しいけど、文章を読んで作者を当てるのなら当てられそうな気がする。(※気だけです😅)

でもやっぱり個人的には原作と映像の両方をみるのがオススメです😊原作との違いを見つける度に、間違い探しのように『見つけた!』と心の中でガッツポーズが出ます(笑)

f:id:ifuwari:20220309184344j:image

今の時代、本・映画・ドラマ…色んな作品が溢れている中で、自分のお気に入りに遭遇するのは奇跡✨

きっと出会えた作品はみるべきして出会えた作品。だからこそ、出会った作品は特別なもの🍀

最近本や映画はご無沙汰と言う人も、たまには出会いを探してみてはいかがでしょうか?

その後の人生を変える出会いになるかも😊

みんなに 良い風が 吹くといいな🌈


人気ブログランキング

ポチっと頂けたら嬉しいです😊

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

臨界点

 

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです☺️皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今日はとても切なくなる物語の紹介を。ベストセラー小説でもあり映画や舞台にもなり、日本ではドラマ化もされていたんですね💦知りませんでした😅

そんな作品『アルジャーノンに花束を

読んだ人もいるかな?かなり古い作品で1959年に書かれ1966年に長編小説として開作。

私が読んだのは高校生の時でしたが、今思うと生まれる前から存在していたんですねぇ😳不思議な感じがします😊

この物語、映画も観ましたが、実は舞台も観たことがあります。

舞台と言っても有名な人が出ているものではなく、どこかの大学の学祭だったと思います(もしかしたら芸術祭か何かで舞台や絵画の展示だけしていたような…)かなり昔の話なので💦

何故?そんな場所に行ったのか?

何故?一人で観たのか?…全て謎です(笑)

ただ感動したのだけは覚えています☺️

元々ミュージカルも好きで『劇団四季』の作品はけっこう観に行きました。そんなプロの舞台とは違った狭い会場、役者さんとの距離の近さ😳表情がリアルにわかる❗️

そう言う要素も感動した要因だったのかも。もちろん演技も上手でした✨

さて本も読み、映画や舞台も観た結果…やっぱり本が一番でした💕

もちろん映画も忠実に本の内容が再現されていてイメージを壊されることなく良かったのですが…😓舞台は舞台で面白かったのですが(二次元ではなく三次元で観れる新鮮さ😊)

本好きにとっては『本を超えることはない❗️』と言うことがわかりました。

さてそんな『アルジャーノンに花束を』ですが、※ネタバレがあります。

f:id:ifuwari:20220306193712j:image

この物語は知的障害者だった主人公が手術を受けて天才になり、また元の状態に戻っていくまでの物語📖

あらすじを言ってしまえばそれでおしまいなのですが、何より構成と物語の描き方が絶妙です✨

物語は主人公の一人称で進んで行き、最初は辿々しかった文章がいつの間にかしっかりとしたものに変わっている😳原本の英語がどんな風に表現されているのか?興味が湧くところです😊(流石に洋書には手を出していませんが😅)

賢くなることで知らなかったことやわからなかったことがわかるようになる。

良いことのように思いますが、実は知らない方が幸せなのでは?と…😞

成長の臨界点を迎えた先に待っているもの。賢くなったからこそ予想できる未来…。

色々考えさせられる物語でした📖

最後のシーンでわかる題名の意味💐最初から終わりが暗示されていたことに気付かされます。

何が幸せか?

色んな疑問を投げかけてくれる一冊になります。

混沌としている今だからこそ読んでみてはいかがでしょうか?心に響くものが見つかるはず🍀

みんなに 良い風が 吹くといいな🌈


人気ブログランキング

ぽちっと頂ければ嬉しいです😊

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村

お別れしても

 

ふわりと軽く 飄々と こんにちは風◯りです☺️皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて今日は生きていれば避けては通れない死について。

仕事柄、様々な死に出会ってきました(鍼灸師でもあり看護師もやっています)その中には忘れられない別れの場面も😢

まだ介護士と言う言葉が一般的ではなくて『寮母さん』と言われていた頃。私も寮母をしていました。

今思えばその施設には要介護4・5相当の方が多く入所されていたんだと思います。なんせ20年以上前の話なので…💦

そして仕事だとしても、ほぼ毎日顔を合わせていると利用者さんに対して情がわいてきます。特に私のお気に入りは、90過ぎで身寄りもなく一人ぼっちで寝たきりのおばあちゃんでした☺️

担当の日じゃなくても部屋に行き挨拶をしたり、話かけたり♪

そんなある日、休み明けで出勤するとおばあちゃんはいませんでした😳
血尿が出て膀胱炎で入院になったと聞き、『膀胱炎か…すぐに帰って来るから大丈夫!』軽く考えました。まだその頃は看護師ではなかったので、重症だと言うことがわかりませんでした😞

結局おばあちゃんは帰って来ませんでした。

通夜の夜、職場の先輩がお別れを言いに葬儀場に連れて行ってくれました。

葬儀場でおばあちゃんを見たら、ただ哀しくて😢ポロポロ泣いたのを覚えています。
なんでお見舞いに行かなかったのか…。一人ぼっちで誰も会いに来る人もなく、寂しく最後を迎えたのでは…😔そう思うとただ哀しくて…。

f:id:ifuwari:20220302194139j:image

時に別れは突然やって来ます。準備期間があったとしても別れた後に喪質感があるのは変わりません。

突然当たり前と思っていた日常から二度と会えなくなる哀しみ。

哀しみにくれている人に何て言えばいいのか…😔掛ける言葉も見つからず、でも慰めたくて…そんな時、今回紹介した本を送るようにしています。

お別れの後も続いていく時間を少しでもその人らしく生きていって欲しいと言う願いを込めて。

きっとお別れで失うものもあるけれど、変わらずに残るものもあるはず。

それを教えてくれる本です。🍀

みんなに 良い風が 吹くといいな🌈

※内容は著書名で検索すると読むことができます。興味をお持ちの方はぜひ読んでみて下さい。気持ちが温かくなる、優しい本です。

そしてこの本を必要としている方がいたら、ぜひプレゼントしてあげてください。大切な人が生きる希望を持てるように。

  3月3日生まれだったMさんへ感謝を込めて


人気ブログランキング

ポチっと頂けたら嬉しいです😊

風◯りのお気に召すまま - にほんブログ村